マカダミアナッツオイル完全攻略

マカダミアナッツオイルの効果効能や基本的な使い方、口コミまとめ

美容

マカダミアナッツオイルで永遠に若い肌を!食べ方・使い方まとめ

投稿日:2018年2月13日 更新日:

マカダミアナッツオイルで永遠に若い肌を!食べ方・使い方まとめ

マカダミアナッツオイルの使い方は幅広く、知っておくと料理以外の方法もたくさんあり、どのような使用方法をするのが良いか悩みます。

調理用油として使うことも、スプーンに垂らしてそのまま口に運ぶ食べ方も、性質を知れば揚げ物にも最適ということがわかってしまうのです。その他、マカダミアナッツオイルに含まれているパルミトレイン酸は、肌にも嬉しい作用があるため、スキンケアやヘアケア、クレンジングといった使い方もできます。

性質を知れば、あなたにとって一番最適な使い方も見つかるでしょう。知れば知るほど魅力が高まるマカダミアナッツオイルの食べ方や使い方について紹介します。

高品質マカダミアオイルはこちら……>>

食用油は美容オイルとして使える?マカダミアナッツオイルの疑問

マカダミアナッツオイルに関する疑問

マカダミアナッツオイルの使い方を考える前に、食用オイルと美容オイルの違いについて知っておきましょう。字のごとく、食用オイルは、食べるためのもの。美容オイルは顔や肌などスキンケアに使うものです。当たり前なことですが、食用は美容オイルに使えないのでしょうか。

食用油も顔や肌に使える!ただし毎日は注意が必要

結論から申し上げると食用のマカダミアナッツオイルは、美容オイルとして顔や肌に使えます。マカダミアナッツオイルは酸化しにくい油ですが、酸化防止剤など添加されている可能性もありますし、精製されていない不純物を含んだ油なので、肌が弱い方は注意が必要です。たまに使うのであれば大丈夫ですが、毎日使うのであれば美容用の精製オイルを使用すると良いでしょう。

また食用オイルは、匂いが残っているためそれが気になる人も美容オイルの方が良いでしょう。個人的な意見ですが、マカダミアナッツオイルは、マカダミアナッツの香ばしい匂いなので、美味しい香りに包まれます。

ただし美容オイルの方が、高価であるためお財布と相談してくださいね。

高品質マカダミアオイルはこちら……>>

美容オイルは食用には?!成分や原材料を確認!

逆に美容オイルを食用に使えるのでしょうか。精製しているため、食用としての栄養素がカットされているため、食用としては使わない方が良いでしょう。使用できるかは、成分や原材料を確認してください。

精製オイルは、マカダミアナッツの香りがなくなっているため、料理に使っても美味しくないと思います。

食用油は、スキンケアやクレンジングなど肌に使用しても大丈夫。
美容オイルは、料理には向かないと覚えておくと良いでしょう。

今回は、食用マカダミアナッツオイルの使い方について書いていきます。

マカダミアナッツオイルの使い方「スキンケア」

美容オイルとしてスキンケア

マカダミアナッツオイルの使い方として、美容オイルの代わりに活用するというのがあります。洗顔後に化粧水で顔にうるおいを与え、少量のマカダミアナッツオイルを手やコットンに取り、肌に優しくなじませてください。

マカダミアナッツオイルの主成分である「パルミトレイン酸」は、肌を若く保つ原因とも言われており、加齢と共に失われていく成分です。そのため、スキンケアを通じて美容成分を補給してあげる必要があります。使用していくうちに、若い頃の肌ような感覚を取り戻していくでしょう。

食用オイルだからベタつくんじゃないの?という不安もあるかもしれません。マカダミアナッツオイルは浸透性が高く、バニシングオイルとも呼ばれているため、気がついたら肌の中に入っているという感覚が味わえるかもしれません。マカダミアナッツオイルの吸収力を味わってください。

オーガニック系のスキンケア商品の中には、匂いが苦手……。というアイテムもあります。食用マカダミアナッツオイルは、香ばしい香りを楽しむことができるため、スキンケアも楽しくなってしまうかもしれません。

マカダミアナッツオイルの使い方「クレンジング」

肌のコンディションを整えていくスキンケアと違って、クレンジングは肌に長時間つけられたお化粧やこびりついた皮脂、汚れを落とすプロセスです。普通であれば、メイク落としやクレンジング用品を使います。まず、メイクリムーバーでしっかりとメイクを落とし、顔の汚れをマカダミアナッツオイルでさらに落とします。油で皮脂を落としていくという感覚を持つと良いでしょう。

マカダミアナッツオイルは、とても細かな性質をしているため、小さな毛穴の隙間にまで入り込んでいきます。薄化粧であれば、マカダミアナッツオイル単体でも十分に落とせるでしょう。このあたりは感覚になってしまうため、どれくらいのメイクでちょうどいいかは色々実験してみてください。

スキンケアにも使えるオイルなので、クレンジングと同時に肌に嬉しい成分をたくさん与えられるのもプラスですね。しっかりと油分を与えながら、簡単に洗顔で落とせます。

マカダミアナッツオイル1本あれば、クレンジングとスキンケアを合わせてできるのはとても効率良いですね。

マカダミアナッツオイルの使い方「オイルマッサージ」

マカダミアナッツオイルのきめの細かさや浸透性の高さは、マッサージオイルとしても活用できます。アロママッサージ用のキャリアオイルとしても使えますし、他のキャリアオイルとブレンドすることによって、肌への効果や香り、滑らかさなども変わってきます。
エッセンシャルオイルとも混ぜ合わせても、幸せなオイルマッサージが楽しめます。マカダミアナッツオイルにエッセンシャルオイルを適量垂らす場合は、品質や肌に使うことができるものを選びましょう。品質の悪いエッセンシャルオイルは、肌にダメージを与える可能性もあり、注意が必要です。

マカダミアナッツオイルの使い方「ヘアケア」

ヘアオイルという使い方

髪にも油分が必要です。傷んでパサつく髪に、十分なオイルを与えることができます。髪に使う場合は、少量で済むためほんのちょっと手にとって、髪全体に伸ばしていくと良いでしょう。

マカダミアナッツオイルの浸透性は、髪に対しても発揮するもので、ベタつきを感じさせずにサラサラヘアーが手に入るのは嬉しい点ですね。

マカダミアナッツオイルの食べ方「調理油」

マカダミアナッツオイルの効果的な食べ方は存在しないのでしょうか。炒め物油など、調理油として活用するのがベーシックです。自然と無理なくマカダミアナッツオイルの主成分を身体に取り込み、美容成分をたっぷり体内にお届けしましょう。

痛めてもマカダミアナッツの風味がつくため、料理の味に深みが出ることでしょう。

高品質マカダミアオイルはこちら……>>

マカダミアナッツオイルの食べ方「揚げ物」

マカダミアナッツオイルは、揚げ物の油として使用できるのです。これは、マカダミアナッツオイルの沸点が高いことの影響です。マカダミアナッツオイルの沸点は、175℃と高めで、160℃程度の揚げ物に使用することができるのです。

注意があるとしたら、かなりの量を使うことになってしまいます。揚げ物用の油は、うまく工夫して通常より少ない量でカラッと揚げてください。

マカダミアナッツオイルは酸化しにくい油なので、冷めても美味しい揚げ物ができそうですね。

マカダミアナッツオイルの食べ方「サラダ」

サラダにかけて美味しく食べる

自家製のドレッシングとしてマカダミアナッツオイルをサラダに使うことも美味しい食べ方です。もちろん、サラダにそのままかけても良いですし、塩やお酢と混ぜ合わせて、ドレッシングを作りましょう。

ローストしたマカダミアナッツを砕いてパラパラとサラダにトッピングするのもさらに美味しくなるため病みつきになります。

マカダミアナッツオイルの食べ方「油そのままを味わう」

スプーンに垂らして、そのまま油の味を楽しむというのも一つです。マカダミアナッツの香ばしさが、オイルにもたっぷりと含まれているため、油単体で食べても嫌な感じがしません。

癖が少ない油は、食用として使える幅が広がりますね。

油をそのままなんて!って思う方へ朗報です。コレステロール値を下げる働きを持っており、コレステロールも含んでいないため、健康を害する可能性も低いどころか、健康維持に最適な油です。もちろん取り過ぎには注意が必要ですが、適量と身体の状態とうまく対話して油を摂取してください。

まとめ

永遠の美貌

マカダミアナッツオイルの食べ方や使い方に関してまとめました。
食用オイルでも、顔や肌に使えるのは便利ですね。スキンケア、クレンジング、オイルマッサージ、ヘアケアなど美容関連。そして、食べ方としてもオイルをそのまま味わうことや、揚げ物、サラダのドレッシングとしてなど、オールマイティに使えます。

味も香りも癖がなく、マカダミアナッツの風味が嫌いな方でなければ、きっと継続できるでしょう。

マカダミアナッツオイルを生活に取り入れ、年齢を伝えたらびっくりされるくらいの美貌を手に入れてくださいね。

高品質マカダミアオイルはこちら……>>

-美容


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

手荒れやカサカサにマカダミアナッツオイル!大掃除や水仕事の後に優しくケア

手荒れやカサカサにマカダミアナッツオイル!大掃除や水仕事の後に優しくケア

水仕事や掃除の後はどうしても手がカサカサになりがちです。それをそのままにしておくと、手荒れが悩みの種になってくるでしょう。指先の爪の間が赤くなり、ちょっとした刺激で痛みを感じるようになります。ひび割れ …

マカダミアナッツオイルのクレンジングで美肌効果を。肌荒れやニキビとおさらば

マカダミアナッツオイルのクレンジングで美肌効果を。肌荒れやニキビとおさらば

食用としても美味しく栄養価の高いマカダミアナッツオイルは、クレンジングとしても活用できるのです。オイルでクレンジング?!と驚く方もいらっしゃいますが、オイルクレンジングという方法があり、油分を補給しな …

【マカダミアのヘアオイル】浸透力抜群の美容成分でうっとりする美髪を

【マカダミアのヘアオイル】浸透力抜群の美容成分でうっとりする美髪を

マカダミア成分がたっぷりはいっているヘアオイルはあるのでしょうか。マカダミアナッツオイルは、パルミトレイン酸が豊富に含まれており、エイジングケアを日課としている方にとって、取り入れたい成分です。 美容 …

マカダミアナッツオイルでバストアップマッサージ!若くてきれいな胸で自信を取り戻す

マカダミアナッツオイルでバストアップマッサージ!若くてきれいな胸で自信を取り戻す

マカダミアナッツオイルは別名若返りオイルとも言われ、すべての女性にとっての願いが詰まっています。主成分のひとつにパルミトレイン酸という、ほぼマカダミアナッツオイルにしか存在しない(他のオイルは微量)成 …

マカダミアナッツオイルは髪にもOK!驚くべきヘアケア効果

マカダミアナッツオイルは髪にもOK!驚くべきヘアケア効果

マカダミアナッツオイルは食用だけでなく、美容オイルとしても優れており、成分のひとつのパルミトレイン酸が美肌を保つ要因のひとつなのです。 美魔女と呼ばれている方々の肌は、水分もたっぷりかつモチモチしてお …