マカダミアナッツオイル完全攻略

マカダミアナッツオイルの効果効能や基本的な使い方、口コミまとめ

美容

マカダミアナッツオイルでの妊娠線予防!赤ちゃんへのアレルギーは?

投稿日:

マカダミアナッツオイルでの妊娠線予防!赤ちゃんへのアレルギーは?

マカダミアナッツオイルの使い方は、様々あり美容オイルとして嬉しい効果があります。それは、オメガ7系の脂肪酸『パルミトレイン酸』が豊富に含まれているためです。加齢ととも減少していく『パルミトレイン酸』は、食事やスキンケアで補う必要があります。

シワなんてへっちゃらとも言えるいつまでも若々しいお肌をキープするために、使っている人も。それだけでなく、出産後に残ってしまったら不安といえる妊娠線の予防にも繋がるとか。
妊娠中にマカダミアナッツオイルを使ったマッサージを優しく施すことでケアができるのです。妊娠線予防に特化したスキンケア用品ではないため、上手く併用していくことが重要かもしれません。

今回は、マカダミアナッツオイルの特性を交えながら、妊娠線予防をテーマにまとめました。

先に理解しよう!妊娠線ができる理由とは

妊娠線

マカダミアナッツオイルが妊娠線予防に繋がる作用の前に妊娠線がどのようにしてできるかを知っておく必要があります。

妊娠線は、皮膚組織の断裂が原因です。妊娠とともに大きくなるおなかやおしりの真皮が伸びていきます。ゆるやかに伸びていく場合は、断裂が起きにくく妊娠線ができにくくなります。
とはいえ妊娠中は、ホルモンの影響により、肌の弾力が失われ、コラーゲンの生成も抑えられてしまいます。通常であれば皮膚のターンオーバーによって日々生まれ変わりますが、その働きが弱まるため、妊娠線ができやすくなってしまうのです。

つまり、肌の弾力をキープし、コラーゲンの生成を促せば、悲劇の妊娠線ができることを防げそうですね。

マカダミアナッツオイルの特性!妊娠線予防に繋がる理由

マカダミアナッツオイルが妊娠線予防に効果ありといわれるのは、パルミトレイン酸だけではありません。その美容オイルの特性から、妊娠線予防に繋がります。そして日々使い続けることで体感を得ることができるでしょう。

保湿力抜群!潤いは与える必要あり

潤いを与える

マカダミアナッツオイル以外の美容オイルにも言えることですが、保湿力がとても高く、お肌の水分蒸発を防いでくれます。ただ、油分なので水分は別で与える必要はあります。化粧水などでたっぷり水分を与えたあと、蒸発を防ぐようにマカダミアナッツオイルで蓋をしてあげると良いです。

マカダミアナッツオイルは、バニシングオイルと言われるくらいお肌の浸透力は高いです。一見、消えてなくなったように感じますが、皮下組織の中には存在します。

しっかりと潤いを与え、インナードライには注意してください。

皮脂の成分に近く馴染みやすい

マカダミアナッツオイルに豊富に含まれている美容成分のパルミトレイン酸は、若々しいお肌にたっぷり存在し、加齢とともになくなるのは前述したとおりです。これは、皮脂の成分に近いこともあり、とても馴染みやすいです。

お肌に馴染みやすくマッサージをすることで、お肌の弾力をキープすることが期待できます。
おなかの中にいる赤ちゃんのことを思いながら優しくマッサージしてあげると良いですね。

肌を温めやわらかくする効果あり

マカダミアナッツオイルには、お肌を温め、やわらかくする効果があります。これは、マカダミアナッツオイル特有の性質ではなく、美容オイル全般に言えることです。オイルマッサージの効果も相まって、血液の循環が良くなります。

温まることでお肌が活性化し、新陳代謝を促します。妊娠中はお肌のターンオーバーが弱くなりますが、上手くサポートしてくれそうです。

妊娠線予防!さらに意識すること

妊娠線を作らないために、オイルケアだけでなく意識しておきたいことがあります。それは、体重のコントロールです。妊娠するとホルモンバランスが崩れ、無性に食べたくなる瞬間に出くわします。ストレスを溜めないことも大事ですので、我慢し過ぎは厳禁です。

とはいえ、体重が一気に増加するとおなか周りの皮膚は急激に伸びてしまう可能性があります。妊娠線予防クリームやマカダミアナッツオイルでのケアも大事ですが、体重を意識した生活も重要です。

気になる赤ちゃんへの影響!アレルギーの心配は?

妊娠すると食べるものや触れるものに関してもとても気にするようになります。それは、おなかの赤ちゃんへの影響を考えてのこと。マカダミアナッツオイルを使って、妊娠線の予防をするのは良いにしても、赤ちゃんがナッツアレルギーになってしまうことはないのでしょうか。

赤ちゃんがアレルギーになる原因として言われるのは、赤ちゃんの腸管が原因です。もっというと、未成熟で免疫力がないことが原因です。

マカダミアナッツオイルは、母体への影響も少なくアレルギーになりにくいと言われています。また、オイルの成分まで血管を浸透することがなく(パルミトレイン酸が血管を強くする作用はありますが)、赤ちゃんにまで影響はありません。

もちろん、絶対はありません。使い始めのうちは様子を見ながら使っていくと良いでしょう。また、不純物の少ない精製された美容オイルを選ぶとさらに良いかも知れませんね。

まとめ

妊娠の幸せ

マカダミアナッツオイルの性質から妊娠線予防に繋がることがわかりましたね。妊娠線ができる理由は、急激に伸びた皮膚組織が断裂を起こし、痕が残ってしまうことが原因です。それを起こさないために、体重のコントロールは重要です。さらに、妊娠線予防クリームやマカダミアナッツオイルを使用することで、お肌のコンディションも保たれ、結果的に妊娠線を予防してくれます。

マカダミアナッツオイルを使った場合、不安になるのは赤ちゃんへのアレルギー。しかし、マカダミアナッツオイルは成分が血液まで浸透することはないため大丈夫です。

出産という幸せの裏側に妊娠線という絶望を残さないためにもマカダミアナッツオイルなどを使った妊娠線予防は重要です。

-美容


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マカダミアナッツオイルは髪にもOK!驚くべきヘアケア効果

マカダミアナッツオイルは髪にもOK!驚くべきヘアケア効果

マカダミアナッツオイルは食用だけでなく、美容オイルとしても優れており、成分のひとつのパルミトレイン酸が美肌を保つ要因のひとつなのです。 美魔女と呼ばれている方々の肌は、水分もたっぷりかつモチモチしてお …

爪の悩みにマカダミアナッツオイル!育爪はマッサージ併用で効果アップ

爪の悩みにマカダミアナッツオイル!育爪はマッサージ併用で効果アップ

マカダミアナッツオイルの使い方として、肌だけでなく爪にも使えます。いつまでも若く美しい爪が手に入るという噂を聞き、調べてみることにしました。 爪をきれいに保つだけでなく、巻き爪や陥入爪をはじめとする爪 …

マカダミアナッツオイルのクレンジングで美肌効果を。肌荒れやニキビとおさらば

マカダミアナッツオイルのクレンジングで美肌効果を。肌荒れやニキビとおさらば

食用としても美味しく栄養価の高いマカダミアナッツオイルは、クレンジングとしても活用できるのです。オイルでクレンジング?!と驚く方もいらっしゃいますが、オイルクレンジングという方法があり、油分を補給しな …

マカダミアナッツオイルで永遠に若い肌を!食べ方・使い方まとめ

マカダミアナッツオイルで永遠に若い肌を!食べ方・使い方まとめ

マカダミアナッツオイルの使い方は幅広く、知っておくと料理以外の方法もたくさんあり、どのような使用方法をするのが良いか悩みます。 調理用油として使うことも、スプーンに垂らしてそのまま口に運ぶ食べ方も、性 …

マカダミアナッツオイルでバストアップマッサージ!若くてきれいな胸で自信を取り戻す

マカダミアナッツオイルでバストアップマッサージ!若くてきれいな胸で自信を取り戻す

マカダミアナッツオイルは別名若返りオイルとも言われ、すべての女性にとっての願いが詰まっています。主成分のひとつにパルミトレイン酸という、ほぼマカダミアナッツオイルにしか存在しない(他のオイルは微量)成 …